上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記憶術マスター=天才ではありません。

記憶術マスター=天才と勘違いされるほどの脳の使い方を身につけた人

ということです。

世の中で言われている「天才」の定義には当てはませんが、

それと同等かそれ以上の脳を手に入れることができるのが

宮口式記憶術です。

1年の初めから終わりまでの出来事を事細かに鮮明に思い出せるような

常識を超えた記憶と定着率。

1日で100ページの本を完全記憶してしまうスピード…

普通では考えられないこういった成果を出すことで

あなた自身はもとより周りの人たちの見る目が変わります。

⇒ 詳しくはこちらから


あなたは現在まで、こんな勉強を続けていませんか?

■ 毎日、栄養ドリンク・刺激系ガム・冷たい水で洗顔etc を使いながら
  睡眠時間を削り、効果の実感のない暗記学習を続けている。

■ 「周りのみんなが通っているから、CMにも出演している有名な講師がいるから」
  でライバルであるはずの他の受験生と全く同じプログラムで勉強を続けている。

■ トップクラスと評判の高い家庭教師を高額な月謝で雇い、
  マンツーマン体制で勉強している。

良く言われる「受験生の王道」がこれら3つです。

そして99%の受験生がこの学習スタイルに固執し、

同じスタイルで勉強している全国の受験生達と難関試験合格という

「狭き門」の椅子取りゲームを続けているのです。

何千人、何万人という数がほとんど同じ学習スタイルで勉強しているのですから

その闘いは壮絶を極めます。

最初から頭が良かったか、人の3倍以上努力ができる人でなければ

頭一歩抜け出すことは難しいでしょう。


しかし、そんな受験競争とは一線を画しどんな難関な試験でも突破できてしまう

「1%の受験生」という人たちがいます。

世の中ではそういった人を「秀才」や「天才」と呼びます。

彼らは普通の人と何が違うのでしょうか?

脳の使い方です。

根性型勉強法を卒業し、ライバルに圧倒的差をつけたいあなたへ・・・

⇒ 詳しくはこちらから


宮口式記憶術は6つのステップを繰り返すだけです。

① イメージ化トレーニング

② バックボーンの準備

③ 覚える内容を整理

④ 覚える対象のイメージ化

⑤ 覚える対象をバックボーンにアタッチ

⑥ 復習

これだけで、先天的な天才と同等以上に脳の使い方がうまくなります。

宮口式記憶術は1日5分時間をとれる人であれば誰でも簡単に習得できます。

難しい予備知識などは一切必要なく驚くほど簡単に身につけられるスキルなのです。

中学生で理解できないような知識は一切必要ありません。

あなたが記憶術を使って受かりたい試験、

なりたい自分に真剣であれば、

それだけで記憶術マスターになる資格は十分です。


今までと同じ方法あるいは他の人がやっていることと同じ方法で

成果を上げようとしても、なかなかうまくいかないものです。

新しいことにチャレンジしてこそ、人の能力の幅を広げるのです。

⇒ 詳しくはこちらから
スポンサーサイト
テーマ:こいつは使えるぞ
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。